2005年04月16日

ザ・ストロークス (The Strokes)「Is This It」

strokes1.jpg

    Is This It(イズ・ディス・イット)
        The Strokes
     価格: ¥2,421 (税込) 詳細をみる

かれら、ストロークスはデビュー当初から、相当な人気がでてましたね。
音楽界の大物が、こぞってほしがったとか・・・
確か、オアシスのノエルも、自分の事務所に来てほしい、といってたと聞きましたが、
それは、ほんとか、わかりません。
かれはすぐに、こいつらはいい、といいますからね。
ま〜そんな話がでるほどストロークスは、だれでも欲しがる才能があるんでしょうね。

まず、デビュー作のThe Modern Age(モダン・エイジ)から人気爆発。彼らの母国アメリカよりも先にイギリスでヒット。
なんかわかる気がする・・・・UKに少し近い雰囲気ですし。
そしてデビュー・アルバム、Is This It (イズ・ディス・イット)を発売。
これも当然、どーんと売れました。

シンプルな演奏なんですが、なぜか耳から離れない曲ばかり。
ボーカルの声はくもった太い声で存在感がある。そして、サウンド自体にとても香りが漂っている。それは新鮮でもあり、共に懐かしさも感じる。レトロでモダン?
ミドルテンポでUKっぽく、味があります。
ほんとシンプルなんですが、ギター、ベースなど、それぞれのパートに聴き入ってしまう。
なんか、心が落ち着きます。

このアルバムは、アルバム一枚で作品といった感じです。
一曲ずつでもかなりいいんですが、やっぱ全体を通して聴いて欲しい。
ちなみに、僕は半年ぐらい、毎晩聞いていました。

                 試聴・詳細をみる
posted by ぐうたら坊主 at 15:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | THE STROKES(ストロークス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

The Strokes - Is This It
Excerpt: ストロークスのすごいところはバンドが全体として音が完璧なところ。 メンバーそれぞれが、音を不可欠に、微妙なバランスで完璧に 「ストロークスの音」の中の一部として構成している。 ボ..
Weblog: Sx,Drgs&Rck'nRll
Tracked: 2005-07-07 00:23

【CDレビュー】The Strokes-Is This It
Excerpt: The Strokes(ザ・ストロークス)の傑作1stアルバム。 ここ数年のロックンロールリバイバルの起点となったアルバムである。 ニューヨーク出身のバンドだがブレイクしたのはイギリスが発端だった..
Weblog: THE GOOD LIFE
Tracked: 2006-02-23 21:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。